美容にうるさい芸能人も絶賛のオールインワンスキンケア、コンシダーマルスキンライズローション。

そんあコンシダーマルの成分内容や安全性は気になりますよね?

このページで詳しく解説します。

コンシダーマルの成分を分析

コンシダーマルの成分を徹底分析してみました。

コンシダーマルの全成分

全成分は次の通りです。

水、BG、グリセリン、シクロヘキサシロキサン、ベタイン、DPG、トレハロース、ステアリン酸グリセリル(SE)、プラセンタエキス、サッカロミセス/(黒砂糖/プラセンタエキス)発酵液、ヒトオリゴペプチド-1、セラミドNG、セラミドNP、スクワラン、加水分解エラスチン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na、塩化Mg、塩化Ca、シア脂、ホホバ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ベヘン酸、ラウロイルサルコシンイソプロピル、ステアリルアルコール、ベヘネス-30、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、メタリン酸Na、シクロペンタシロキサン、トコフェロール、ステアロイルグルタミン酸2Na、ビサボロール、ポリ-ε-リシン、マンニトール

コンシダーマルの成分は安全

コンシダーマルは成分を見ても、危険なものは入っていません。

その証拠に、コンシダーマルはパッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテストを行って問題ないことを確認済みの化粧品です。

また、無香料、無鉱物油、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー
を徹底しており、敏感肌でも使える低刺激化粧品を実現しています。

コンシダーマルの成分の働き

コンシダーマルの成分は次のような働きに分けられます。

・ラメラ構造を取り戻す成分
・保湿成分
・エイジングケア成分

ラメラ構造を取り戻す成分

コンシダーマルの特徴はラメラテクノロジーを採用しているところです。

ラメラテクノロジーとは、下の画像のようにミルフィーユ状に水分と油分が構成されているラメラ構造を元どおりに修復するテクノロジーです。

正しいラメラ構造の肌は、赤ちゃんの肌に近く、しっとりもちもちしています。

このラメラ構造を修復するのに欠かせないのが、肌と同じ構成の成分たち。

次の成分が該当します。

セラミドNG、セラミドNP、スクワラン
ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン
加水分解エラスチン、NMF成分(アミノ酸、ミネラル、ペプチドなど)

保湿成分

保湿によって肌のバリア機能を向上させることができます。

肌のバリア機能が向上すると、外部からの刺激に強くなり、肌のターンオーバーの正常化を助けてくれます。

次の成分が該当します。

セラミドNG、セラミドNP、スクワラン
ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、水分解エラスチ、ホホバ種子油

エイジングケア成分

コンシダーマルは2017年にリニューアルされ、肌を若々しくするエイジングケア成分が新しく追加されています。

プラセンタ、EGF(上皮成長因子)

コンシダーマルの成分を評価

コンシダーマルの成分を素晴らしい点といまいちな点を挙げて見たいと思います。

素晴らしい点

美容成分が豊富に入っていて、ここまで低刺激なのはかなり評価できると思います。
また、リニューアル後に加えられたノーベル賞を受賞した成分、EGF(上皮成長因子)やプラセンタが入っているのも◎です。

いまいちな点

保湿に特化したような化粧品と比べると保湿力は少し弱い印象があります。
乾燥肌がひどい人は少し効果を実感しにくい場合もあるかもしれません。

成分を分析した結論としては、

「安全性は高く、オールインワン化粧品としてはトップクラスの実力を持つが、保湿力は場合によっては別の化粧品でカバーする必要あり」

という感じになると思います。

コンシダーマルをオフィシャルショップで買うメリットがない理由とは?